企業が採用試験として活用する適正検査に関して

適正検査は何でも良いわけではありません

心理学の研究は日本だけでありませんので、適正検査の種類は信頼できるものでも30種ほどあります。企業が採用にあたって行うには、どれを利用しても良いというわけではありません。それぞれに特徴があるので、良く内容を吟味する必要があります。更に、大切なことは企業の希望する人材を先に決めることです。例えば、衣料業界でもメーカー系と流通系では求める人は違ってくるでしょう。適正検査は求める人材に応じて、検査内容で判断できるものなのです。

適正検査を行う利点とは

企業が人材の採用に当たって応募が多ければ選抜をしなければなりません。100名の応募があり、社長が一人一人の面接を行って最終的に1名を決めようとなると時間と日数がかかります。応募人数が少なければ、面接だけで済ますこともありますが、面接で人を見分けれるのは至難の業といえます。面接に来る人は採用を望んでいるので、良い面だけをアピールするでしょう。適正検査は多くの人を対象に、短時間で検査が出来るため、採点を済ませれば一次選考として絞ることが可能なのです。

適正検査を補う人事の努力が必要

適正検査で面接人員を絞り、検査結果を手元に置いて面接をすることができます。結果を理解しておれば、人物像を把握して会うことができるのです。検査が性格を知るものであれば、外向型なのか内向型なのかが分かるので、受け答えで検査結果の正しいこともわかるでしょう。また、質問内容を一点に集中して追求することも可能です。しかし、検査結果は所詮ペーパー上のものでしかありません。人事担当者は、採用後もこの検査結果の信ぴょう性を追うことで、更に良い人材採用に繋がっていきます。

適性検査の内容は、それぞれの企業の入社試験の目的によって、大きな違いが出ることがあるため、事前に対策を立てることが重要です。