起業に届け出が必要なのか!?必須では無いことは最初はならない手もある

起業により安定性は失われる

会社勤めに嫌気がさして起業をしようと決意した際に、いきなり会社を辞めてしまうことは得策ではありません。なぜなら、会社勤めをしている最中にしか出来ないことを先に行っておくと良いからです。起業を行う際には、個人事業主として始めるか最初から会社を起こすことになります。クレジットカードの作成は安定した収入があることを前提としているので、起業から数年は社会的信用性が低い存在となります。会社を退社する前にクレジットカードは作成しておき、起業後には勤務先名を連絡をすれば解約される心配は少ないです。

開業届は必須ではない

起業を行う場合に、個人事業主として最初は出発する道を選ぶと、開業届の提出が必須と考えがちです。しかし、青色申告を行う予定が初年度になければ、開業届の提出すら必要ありません。準備期間に1年程度使って、根回しを十分に行い出資者を集めているのであれば開業届を出した方が良いですが、そこまで準備をしているのならば会社を設立してしまった方が良いでしょう。起業しても必ず成功するわけではないので、最初に必要となるのはアイデアと数年生活して行けるだけの生活資金です。

帳簿付けは最初に覚えてしまおう

起業を行った場合に最初に覚えることは、帳簿の付け方です。事業として行って行くためには税務申告書の作成に必要となる帳簿への記入を忘れずに行う必要があります。最初から従業員を雇う余裕は無いですよね。自分で出来ることは何でも行う必要があるので、帳簿付けは外せません。最終的に収支を黒字化する必要があり、バランスシートも理解する必要があります。起業家となったからには、どんぶり勘定は許されないのです。初年度から廃業する訳には行かないので、徹底した経理を勉強しましょう。

フランチャイズ加盟店は、本部から様々な形で集客支援を受けられます。定期的なテレビCM展開や、チラシの配布などがその一例です。