引っ越しの片付け、その極意

用意しておきたい道具について

 どんな物事にも必要とされる道具があります。それは引越の片付けについても同様です。

 では、その際にどんな道具がいるのかと言えば、段ボール箱、ガムテープ、荷造り用のヒモ、油性マジック、カッター、軍手となります。

 これらは荷物を詰めて梱包するときに用いるものです。

 入手先としてはホームセンターを利用するのがベストです。いくら必要なのかピンと来ないときは、順次買い足していくようにしましょう。

 早めに始めるのがコツです。

実行するときの注意点

 段ボール箱にものを詰めるときの注意点としては、重たいものを下側に入れ、軽いものは上側にすることとなります。

 逆にすると下側にあるものが潰れてしまうため、そこは意識して行うようにしましょう。

 また、詰めるときは一人で持ち上げられる程度の重さにすることも大切です。運ぶのに渾身の力がいるような重量にしたら、底が抜けたり、運んでいる最中に腰を痛めたりするので危険です。

 内容物で混乱しないために、箱詰めが終わった段階で、油性マジックで箱にそれを記入しておきましょう。

割れ物や大型荷物の取り扱い

 食器などをそのまま段ボール箱に詰めて運ぼうとすると、割れる原因になります。そのため、安全を確保したいのであれば、それらは紙に一つずつくるむようにしましょう。

 なお、隙間があってそれが気になるというときは、新聞紙などの柔らかいものを使って埋めるようにしましょう。

 冷蔵庫やソファーといった大型の家電や家具は、素人の手に余るので、自分では片付けないようにしましょう。個人の限界をわきまえることもまた、片付けの極意と言えます。

不用品の回収は業者に依頼したり自治体に依頼することができ、自治体の場合は地域のルールにより料金や回収できる物は違います。