印刷の業者の種類について

印刷の業者の種類とは

ネットプリントが普及してから、印刷には様々な種類の業者が誕生するようになっています。出版業界の不況から、一時は多くの業者が姿を消したものです。けれども通販型の印刷会社が新たな価値観を提案するようになってからは、再び多くの会社がサービスを開始するようになっています。そしてその中で改めて、従来の会社も存在感を増すようになっています。その理由は、ネットプリントの場合には色調の細かな調整は行わないからです。

印刷業者の違いについて

ネットプリントの特徴は、料金の安さと納品の早さです。チラシやポスターなどの宣伝目的のものは、このようなスピードとコストの安さは魅力です。それに対して、美術印刷のように品質にこだわりたい場合には、従来の業者に頼んで何度も試し刷りをしてもらう必要があります。このようにふたつの業者はうまく棲み分けができるようになっています。そしてそこにもうひとつ、新たな種類のサービスが広まってきています。オンデマンドによるサービスです。

デジタル印刷の特徴とは

オンデマンドはいわゆるデジタル印刷と呼ばれるもので、これまでのオフセット機械とは全く異なる仕組みで印刷を行うものです。これまではデータから製版作業を行い、オフセット機にかけるアルミ板を作っていたものです。けれどもオンデマンドの場合には、データから直接出力できるので、かなり手間を省くことができるようになっています。ただし、その出力スピードはオフセットにはかなわないので、少部数の注文に対応するものとなります。

封筒印刷では、インターネットを通した依頼も可能なので、専門業者へスムーズに依頼したい場合でも安心です。