電気製品の自作知識はアイデアに結びつきます

既存の電気製品に満足出来ない人もいます

家電量販店で販売されている既存の電気製品では、デザインや使い勝手の面から満足出来ないという人も多いです。もし自作出来たら不満に思っている点を改善した商品になるのにと考えている人は、思い切って電気製品の自作を行ってしまうという手があります。難しいように感じますが、性能重視の商品であれば難易度が高いものの、デザインや使い勝手からのアプローチをした製品であれば、既存のパーツを組み合わせて作ることも可能になっています。

自作には修理の知識が生きてきます

自分で考えたデザインの電気製品を作る際に、必要となる知識は修理を経験すると身につきます。既に完成した製品の構造を把握したり、回路図を読んで故障箇所を特定する作業そのものが、自作する時にイメージする構造や設計上の問題点を浮き彫りにしてくれるので役に立ちます。0から作りあげるよりも、既存の製品を研究する方法として製品修理は勉強になるのです。複数メーカーの製品を比較することも可能ですから、なぜこのパーツが使われているのかを研究するだけでも多くの知識が身につきます。

資格があると電気製品の自作が商品になります

電気製品を自作する際には、高電圧に触れることも多いことから特定の資格が必要になることが多いです。設計のみを行う場合であれば必要ない資格であっても、実際の製品を組立まで行う場合には、安全性の観点から一定の知識を保有していることが証明出来る資格が重要になります。家電修理士と電気工事士の2つの資格を持っていれば、電気製品を自作する際に必要な大型機械は200Vで稼働するものが多く、100Vと200Vの両方の製品を扱う場合にも注意が必要になります。

プリント基板実装には機械でオートメーション化されているものと、手作業で部品を乗せていくものがあります。